かつてのロンゴバルド王国における首都であり世界遺産にも登録されている町を中心としたツアー。
「悪魔の橋(Ponte del Diavolo)」や洞窟の様な「ケルト人の地下石室(Ipogeo Celtico)」など見所が多く点在します。地元のワイナリー巡りも含まれます。素敵な魅力溢れる一日を体験してみてください。

午前10時ツアー添乗員と合流。終日ツアーの場合には、ウーディネ市内での集合時間・場所を事前に打ち合わせのこと(追加料金で市外からの出発も可能)。車にて、モイマッコ(Moimacco)にあるパッラーディオ建築の歴史的なワイナリーであるヴィラ・デプッピ(Villa de Puppi)へと移動します。ワインセラー訪問では、ワイン造り工程や熟成についての説明があり、5種のワインの試飲をお楽しみ頂けます。その後は、チヴィダーレ・デル・フリウリ(Cividale del Friuli)の町を自由散策。中世の建築では最も重要な建物のひとつであるロンゴバルドのテンピエット(Tempietto Longobardo)や、ナティゾーネ川を見下ろす素晴らしい眺望を楽しめる悪魔の橋(Ponte del Diavolo)、そして町の中心地ドゥオーモ(Duomo)は、昼食の前後に是非訪れて欲しいスポットです。昼食は、歴史的な趣のある「エノテカ・デ・フェオ(enoteca De Feo)」にて。尚、昼食にはワインが含まれます。ウーディネへの復路では、コルノ・ディ・ロザッツォ(Corno di Rosazzo)にタワー型にそびえるワイナリー「ペルシーニ (Perusini)」を訪問。この特徴的な外観のワイナリーは、ヴェネチアIUAV大学(旧名称: ヴェネチア建築大学)の建築学科との共同設計で2002年に落成。木材や煉瓦などの伝統的建材の使用にこだわりながらも、革新的な施工技術・建築ソリューションを取り入れています。ここでは6種のワインの試飲をお楽しみ頂けます。その後、18時ごろウーディネ帰着。

1名様118ユーロ - 毎日AM10:00発

ご予約は2名様より。ツアー内容には交通費(各所の入場料込)、ツアーガイド、保険、ワインテイスティング2回、昼食(ワイン込)が含まれます。